武漢 ウイルス 研究 所 亡命。 武漢ウイルス研究所と軍の関与濃厚 隠蔽工作か…連絡直後にネット上から名簿消失、科学者めぐる闇に肉薄 伊・著名ジャーナリストの調査報道 (1/3ページ)

武漢ウイルス研究所と軍の関与濃厚 隠蔽工作か…連絡直後にネット上から名簿消失、科学者めぐる闇に肉薄 伊・著名ジャーナリストの調査報道 (1/3ページ)

また、中国人時事評論家の路徳氏によれば、中国と米国の情報機関が郭文貴氏とバノン氏に対して、科学者の海外亡命についての情報公開を直ちに中止しなければ、命の危険があると警告した。 国内感染者が0になる事も現状は無い。 それでは、ここからです。

16

新型コロナ武漢研究所発生源説に新たな証拠か?米亡命した博士の証言とは?|ニフティニュース

抗体があるか?無いか?出来ようとしているか?などを調べる事でわかる検査だと思います。 イェンリーモン博士は香港大学でウイルス研究をしていましたが、現在はアメリカに亡命中です。 症状やコウモリ由来の点から、未知のコロナウイルスと新型コロナウイルスとの類似が指摘されています。

コロナ:中国高官、武漢ウイルス研究所流出の証拠携え米国へ亡命か…海外メディア報道

董氏のもたらした情報によって、バイデン米大統領は新型コロナウイルスが武漢の研究所から流出したのかどうかを詳しく調べるように、米中央情報局(CIA)などの米情報機関に指示したという。 また次回、続報をお楽しみに!. >彼は、もし彼が米国に現れれば(亡命すれば)、彼らによっ >て暗殺されてしまうことを恐れていると私に語った。 また、中国人時事評論家の路徳氏によれば、中国と米国の情報機関が郭文貴氏とバノン氏に対して、科学者の海外亡命についての情報公開を直ちに中止しなければ、命の危険があると警告した。

中国軍人が欧州へ亡命ー秘密の生物兵器計画に関与?閻麗夢氏続き二人目

ジョンソン首相は、数日以内にファーウェイ製品の処遇について発表する見込み。

新型コロナで注目の“コウモリ女”が「中国から機密文書を持ち出して米国に亡命」情報の真偽(西岡省二)

私も GreatGameIndia の記事を見た際、1月の終わりに以下の記事を書きましたが、その後から「 Google さんでは検索されない」という状態となっています。 「マッドネスを止めなさい!それはただの冷たいウイルスだ!アメリカのすべての善のためにシャットダウンを止めなさい!」1つの記号を読みます。

12

武漢ウイルス研究所

(まずはここにならないこと) いつまでたっても終わらないのでクラスター対策を何となく放置。 (米国の諜報機関は)英国のMI5とMI6と共に、非常に完全な訴訟事件を構築しようとしているが、そうするには長い時間がかかる可能性がある。 世界的パンデミックと経済的な地獄絵図。

19