シブヤノオト。 『ウマ娘』シブヤノオト出演者決定!テイオーやルドルフなど、計7名が“NHKうまぴょい”を披露

NHK音楽番組「シブヤノオト」の司会・渡辺直美の後任は麒麟・川島明と土屋太鳳(ENCOUNT)

放送分より一部回はスタジオトーク部分についても事前収録となる。 NHK総合の『シブヤノオト』もその1つ。

16

“若者向け音楽番組”が担うべき役割 NHK『シブヤノオト』制作統括が語る(オリコン)

「もともと『シブヤノオト』はSNSとの融合を目指して立ち上がった背景がありました。 アーティストの皆さんが楽しみ、見てくださる視聴者の皆さんも一緒に楽しめるシブヤノオトを4月からお届けしていきます。 この放送はニッポン放送の制作部のとNHKのプロデューサーが親友であることから実現した。

8

“若者向け音楽番組”が担うべき役割 NHK『シブヤノオト』制作統括が語る

過去にはKing Gnuやあいみょんなどが、『シブヤノオト』で地上波番組への初登場を果たしている。 言葉にできない抱いているものはすべて、自分の人生かけて魂に込めます」と明かした。 アイドルグループからシンガーソングライター、バンド、ラップグループといったキュレーションのバランスの良さに加え、新人紹介の役割もある『WHO'S NEXT』枠の目利きと鮮度の高さには定評がある。

4

『ウマ娘』シブヤノオト出演者決定!テイオーやルドルフなど、計7名が“NHKうまぴょい”を披露

4月からよろしくお願いします」とコメント。 アーティストの素顔を見ることで、これからの音楽の聴き方も少し変わってくると思うのでこの番組を見るとアーティストさんの曲をこれまで以上に楽しめるところもポイントです。

“若者向け音楽番組”が担うべき役割 NHK『シブヤノオト』制作統括が語る

同テレビ局で10年近く放送されてきた音楽番組を刷新した後番組として誕生しました。 なお、2021年7月17日放送の『シブヤノオト』では、ウマ娘のほかにENHYPEN(エンハイプン)とキタニタツヤさんが出演予定。

5

“若者向け音楽番組”が担うべき役割 NHK『シブヤノオト』制作統括が語る

生放送中、(インターネット上では映像生配信)でアーティストが出演解説する「Sトーク」というシステムも導入していた。 (第8回) 過去の司会 [ ]• NHKネットクラブの観覧募集より。

14

NHK音楽番組「シブヤノオト」の司会・渡辺直美の後任は麒麟・川島明と土屋太鳳(ENCOUNT)

(NHKアナウンサー、第3回)• NHKは「川島さんは『ええ声』の持ち主であることはもちろん、みんなが笑顔になれるトーク力、そしてサックスまでこなす多彩な方。 ウオッカとナイスネイチャにも期待が高まります。

12

“若者向け音楽番組”が担うべき役割 NHK『シブヤノオト』制作統括が語る

放送分より一部回はスタジオトーク部分についても事前収録となる。 今年3月に上演されたミュージカル「ホイッスル・ダウン・ザ・ウィンド~汚れなき瞳~」で共演し、今月18日に急逝した俳優・三浦春馬さん(享年30)へとみられる思いを吐露。 これにより、リアルタイムのSNSもますます盛り上がっているようだ。

8

NHK音楽番組「シブヤノオト」の司会・渡辺直美の後任は麒麟・川島明と土屋太鳳(ENCOUNT)

出演アーティスト(曲名): ウマ娘(『うまぴょい伝説』) ENHYPEN(『 Given-Taken』) キタニタツヤ(『 聖者の行進』). そんな番組で取り扱われる『うまぴょい伝説』は、サイゲームスにより好評配信中のゲームアプリ『ウマ娘 プリティーダービー』ゲーム中で聴くことができる一曲。