公務員 試験 教養 科目。 【公務員試験】一次試験(筆記)の科目と出題形式を解説

市役所採用試験に出題される科目の特徴を解説

教養試験や基礎能力試験で課される科目が「教養科目」です。 【試験区分別の出題される専門科目】 行政事務系区分 憲法、民法、行政法、ミクロ経済学、マクロ経済学、財政学、経営学、会計学、統計学、政治学、行政学、社会学、国際関係論、労働法、刑法、商法 人間科学系区分 心理学、社会学、社会福祉、教育学、社会調査 技術系区分 土木、建築、機械、電気等各専門分野別の専門科目 *全ての科目が出題されるわけではありません 上記の表を御覧いただければお分かりのように、専門科目の負担は行政(事務)系の職種で受験する場合に最も重くなります。 出題数は 1 組織法から1割程度、 2 作用法から4割程度、 3 救済法から5割程度の出題です。

公務員試験【文章理解(現代文・英語)】の勉強法を解説!

コスパ 実際に解く問題数• 試験の配点 傾斜• 短期での公務員試験合格を目指される方は、ぜひアガルートアカデミーの公務員試験講座をご検討ください。 全部で13科目ありますが、実際に力を入れて勉強すべき科目は意外と少ないです。

13

教養科目

逆に文学・芸術や思想のほうが勉強していてなじみがある人は、そちらを勉強してもらっても大丈夫です。

【教養試験の捨て科目戦略】勉強しすぎは時間の無駄だ!公務員試験は満点を狙う試験ではない!

一方、暗記中心の科目は、早いうちに学習に取り組むと、忘れてしまう可能性が高くなります。

公務員試験【文章理解(現代文・英語)】の勉強法を解説!

関連記事 2自然科学(数学・物理・化学・生物・地学) 自然科学に分類される教科は、 数学・物理、・化学、・生物、・地学になります。 数の性質、約数・倍数、場合の数、確率、比と割合、濃度、速さ、最大・最小、二次関数、図形の長さ・角度・面積・体積を求める問題などから出題されます。 また、平成29年度から一般知識の出題を取りやめた川崎市では、教養科目は一般知能のみ20題出題されます。

3

公務員一次試験で解く15教科!合格へ導く教養科目についてのあれこれ│知識図書館

財政学はミクロとマクロが分かればほとんどできるので、習得に時間はかからない。 教養科目は大雑把に分けることができて、その分け方は4分野になります。 (上で挙げたのはあくまで一例です) まずは、自分の受ける自治体がどのタイプに当たるのかを確認することが最も重要です。