テレフォンショッキング ゲスト 一覧。 笑っていいとも!1982

笑っていいとも!のテレフォンショッキングゲスト

(木曜日) テレフォンゲスト: お友達紹介の際、「お友達では無いんですけども大先輩の大好きな女優さん」と切り出したうえでに電話し、開口一番に「 はじめまして」と発言する。 また、コーナー終了後のCM明けに、スタジオの床にムックの毛と思われる赤い毛糸のようなものが落ちているのをタモリが発見し、「あれ抜けるんだねぇ」と感想を漏らしていた。

笑っていいとも テレフォンショッキングに出る人を知りたい

80年代は「」、2000年代は「」を参照。 」(188-190頁) 欠席および代役 [ ]• などをボードにして紹介する。 スタジオ観客のうちランダムに選ばれた100人の女性がスイッチを持ち、1人だけが該当する事柄を予想し、アンケートを行うものである。

1

笑っていいとも!のテレフォンショッキングゲスト

31年間にわたり平日、毎日の生放送だったため、細かい放送事故ならそれこそ星の数ほどある番組だが、中でも毎日、日替わりのゲストをスタジオアルタに呼んでいた「テレフォンショッキング」は1982年の放送開始当初からあった人気コーナー。

4

笑っていいとも!レギュラー出演者一覧

テレフォンゲストとの電話のやり取りは「明日いいとも大丈夫ですか? 最多人数ゲスト いいとも! 次回ゲストに電話をかけるのはテレフォンアナウンサーが行う場合と、ゲスト自ら行う場合がある。 - 1年間の本コーナーをダイジェストで放送。 1995年、が当初出演予定だったがの報道特別番組に差し替えられ、当日は他番組のロケで出演できず、を電話で紹介した。

15

笑っていいとも!のテレフォンショッキングゲスト

局アナが他局の番組に出演することは当時前代未聞であり、話題となった。 1990年代からは「お友達を…」とタモリが言う際に観客が「 えーっ! 3)1989年7月24日 月 は報道のため休み。 まあ、再確認のようなご質問でしょうが、今さら疑問に思う方が奇異に感じます。

テレフォンショッキング・出演ゲスト一覧 (1980年代)

最多人数ゲスト いいとも! 一口食べてみたものの、今にも泣き出しそうな表情に ・「いいとも」の台本は毎日作られ、裏にはディレクターの変な癖やプロデューサーの血圧が書いてある。

19

笑っていいとも テレフォンショッキングに出る人を知りたい

1980年代までは、電話を切った後に次回ゲストに伝言があればそれをタモリがメモ帳に書くという流れがあった。 』終了時点のレギュラー出演者とテレフォンアナウンサーには、当コーナーのゲストが着席時に置くネームプレート(当人の名入り)が贈呈されている。 そこから他のゲストも宣伝ポスター等を持参するようになった。