日本 共産党 党 内 通信。 日本共産党中央委員会

日本共産党中央委員会

1952年4月に条約が発効され、日本は主権を回復した。 共産党員であったらの『』などの理論活動や、、らのは社会に多大な影響を与えた。 その出発点となるのは、社会主義・共産主義への前進を支持する国民多数の合意の形成であり、国会の安定した過半数を基礎として、社会主義をめざす権力がつくられることである。

5

元共産党「二重秘密党員」の遺言 または 日本共産党犯罪記録

その後「」、「」、「」(後の)、「」、「」などを結成した。

4

元共産党「二重秘密党員」の遺言 または 日本共産党犯罪記録

第28回大会第1回中央委員会総会で中央委員会が選出した幹部会委員は以下の64人。 党はこの結果について「第26回党大会で決定した目標を基本的に達成することができた」「全体として、総選挙の結果は、 画期的な躍進といえるもの」という発表を行っている。

8

日本共産党

「中央役員とその部署は、党規約に定められた任務の分担、機能の分担であって、身分的な序列でないという党の一貫した立場を堅持する。

11

日本共産党

地区勤務員とは、常任委員でない専従のことです。

8

日本共産党中央委員会

1994年の第20回党大会では、ソ連は問題もあるが、社会主義社会であるとしていた従来の「生成期」論を修正して、「スターリン以後のソ連社会は、経済的土台も社会主義とは無縁」 で、「的」 とした。 日本社会党と日本共産党は、日本政治の中ではに属し、中道の、公明党をはさんでの自由民主党に対峙する位置にあった。 ソ連覇権主義という歴史的な巨悪の崩壊は、大局的な視野で見れば、世界の平和と社会進歩の流れを発展させる新たな契機となった。

3