徳島 大学 名誉 教授 大橋 眞。 徳島大学の名誉教授である大橋眞氏のYouTubeにおける解説についてどう...

KAKEN — 研究者をさがす

つまり、徳島大学名誉教授である日本の免疫学の専門家は、「いわゆる新型コロナウィルスと呼ばれているような病原体が存在するという客観的な科学的証拠は一切見つからない」 と結論せざるを得なくなったのである。 その事を、塚口さんも端的に説明 するツイートを発信しておられます。

11

[B! 大学] 本学名誉教授 大橋眞氏の活動に対する苦情について

このトリックにはなかなか誰も気づかないんですよ 気づきにくいシステムになっちゃっているんですよね 今はね H: でも元々のそのデータベースに まだそれはあるんですよね? その遺伝子っていうか O: 遺伝子はありますよ 遺伝子はあってもそれを調べていくのは至難の技ですよ 今となってはね で、それを調べて、例えば、それは今おかしいんじゃないかと言ってしまうとね まあ、そういう意味ではその、それを発表したところで まあ色々抑圧されるでしょう そんなこと言ったってね だから、そんなことも言えないんじゃないですかね? H: ああ、現場の先生とかは特に O: 今言えないと思いますよ それで今は皆さん新型コロナがあるという前提で、みなさん研究も始めて、 医療も始めてしまっているわけでしょう?これがないとか言い出したら、もう大変なことになっちゃうんですよ そこに沢山の利権がからんでいる すでにお金がばら撒かれているわけですから どうしようもないですよ H: もう何兆円ていうお金がEU 全世界的に O: 全世界で何兆円どころじゃないですよ そうなってしまうと、その利権を得ている人たちが、それがないとかなると困るし、そんなことにはならないでしょう まずね そういう問題があるんですよね こういう対策をすればするほど病人が増えるし死者も増えるでしょう? それで、またワクチンということがでてきますよね? これはどうしようもなく広がっていくというわけですよね だから、そういうことをPCRを発見した彼は憂慮したんだと思いますね そうするとPCRの発見者がそういう警告を発するとこんな騒動にはできなかったと思うんです H: そうですよね 彼が亡くなった途端に広がった O: 彼がどうして亡くなったか?ということは今分からないんだけれども 彼の死を待ったかのように 待ってから始まったという風になる H: 8月ですけどね 亡くなったのは O: 本当の秘密は彼は知っていたと それはAIDSの例で知っていたんでしょう この引用も長くなりましたが、 大橋教授はネットで言われているように、 新型コロナウイルスが存在しないなどとは公言していない。 WHOがドイツの論文が間違いないものとして、世界各国に指示を出した結果、マスク、三密をさける、自粛、新生活スタイルなどにつながった。

7

免疫生物学名誉教授大橋眞先生新型コロナウイルスの存在自体を疑問視

もちろん専門家によるコロナ問題に関する動画は世界中にたくさんあるが、そのほとんどは、新型コロナウィルスという病原体の存在を当然のように前提にしたものである。 10日間ではウィルスを分離特定し、断定 する事は、とても不自然で、ましてや、 それが身体に病的な変化をもたらすという 証明となる感染実験もされている経緯が、 見られないし、期間的にも不可能でも あると思えると大橋教授は、パンデミック 初期の頃から語っておられました。 このブログでもすでに紹介してきている、徳島大学の大橋眞名誉教授がそのひとである。

17

徳島大学の名誉教授である大橋眞氏のYouTubeにおける解説についてどう...

実際ウィルスは分離・特定も感染実験も 行われておらず、ほとんど机上の空論 だけだったという事です。 これでは、新型コロナなんかではなく、 いくらでも危険な医療措置で、 亡くなっても、そのまま検体袋に 入れられて、ろくに死因も精査されず PCR検査の陽性があったというだけ で、または、新型コロナ感染と医師が 推定するだけで、全て新型コロナが 死因と、診断されて、闇の中に 消されてしまうという悪夢につながる という事なのです。

マスコミでは絶対、言えない「新型コロナウィルスの真実」に迫る!タブーの日赤の売血ビジネスも!徳島大学名誉教授で免疫生物学専門の大橋眞(まこと)医学博士へのインタビュー! 文字起こし|StudioRing|note

徳島大学の名誉教授である大橋眞先生のYoutube動画 ちょうど今朝みた徳島大学の名誉教授である大橋眞先生のYoutube動画と脳内でリンクした。 徳島大学の名誉教授である大橋眞氏のYouTubeにおける解説についてどう思われますか。

[B! 大学] 本学名誉教授 大橋眞氏の活動に対する苦情について

…続きを読む 少し勉強すれば、大橋眞がインチキの論理展開をしていることが分かりますよ。 国際的なジャーナリズムが、ビッグフアーマーと金融支配によるプランデミツクとしての証拠を積み上げているのに、その認識すらないままに、大橋眞教授の見解と彼の支持者との見解の違いすらさび分けないまま、PCR検査のいい加減さを推進しておいて、反対者を攻撃するという、情報の狭さに、反吐が出るレベルですよ。 逆に言えば、おおよそ自分の身の周りに起こる問題は自分で解決できる。

7

KAKEN — 研究者をさがす

岩上安身は「急いでいる理由」として、8月24日に、大橋氏の講演会が、議員会館の院内集会という形で開催されることになっていることを名取氏に伝えた。

徳島大学の名誉教授である大橋眞氏のYouTubeにおける解説についてどう...

世界中にスタンダードとして PCRでみろといったら、世界中の人が潜在的に持っていたら、この騒動が一瞬のうちに作れちゃうと なんの手間もかからないというレベルの話でしょう? っていう話ですね あとはマスコミを扇動していわゆるそのこの病気の対策に当たる各国の人たちを 何とかすればですね この騒動が世界中に広まって、これが定着しちゃうと、こういうことでしょう? まあ、可能性ですよ あくまでも可能性ですけれども 病原体を人工的にどうのこうのというのは持続性がないししょっちゅうばら撒く人が必要だし 飛行機で撒いたりすればばれちゃうんでしょ H: でも、結構彼らそういうのはうまいみたいで 空からばら撒いたりとか O: そんなことよりも単なる机の上で1時間でできる作業でできるんだったらね H: まあ、そっちのほうがね O: 簡単だしね。

KAKEN — 研究者をさがす

厚生労働省にウイルスの存在を証明する文書の公開請求をしたのは、名古屋市在住の専門家でない一般の方です。 ほんの2か月ほど前のことである。

19