ゲイト ソリューション。 ゲイトソリューション/ゲイトソリューションデザイン

ゲイトソリューション/ゲイトソリューションデザイン

私個人の意見としては、やりすぎだなと思うところがあります。

15

歩きやすさを求めてまったく新しい短下肢装具の開発

近々行きますので、それも後日に発表しますね。 しかしご利用は計画的に 良いことだらけのゲイトソリューションですがモチロン適応があります。 毎日歩数を確認している。

ゲイトソリューションデザインという装具とリハビリ

以前、「 旅に行きたい」一心で2km,3kmコンスタントに 歩けるように鍛えていた。 夫がなるべく近隣(長野県内)の靴職人さんを探してくれました。

13

[ リハビリ&ゲイトソリューションで歩く ]

iPodの万歩計を装着。 え!小ちゃい時間ですネ。

ゲイトソリューションデザインという装具とリハビリ

実際に普通に売っている靴も、もう少しだけ「こうなら」履けるのにな~という 改良してくれたらというのも結構あるのです。 その結果、片麻痺者のつま先が上がらないのは、かかと(踵)がついたときのすねの筋肉(前脛骨筋)によるブレーキの力が足りないからだと気付きました。

4

ゲイトソリューションデザインという装具とリハビリ

白のボジョレーだそうです。 やっぱり、、甘〜い。 今から10年ほど前に「足首を固定していいのだろうか?」と疑問を投げかけたのが、国際医療福祉大学大学院の山本澄子教授でした。

ゲイトソリューションデザインでも合う靴が、、、

訪問マッサージのSさんが言うには 深い場所の筋肉 らしい しばらく痛くて大変〜。 そのとき痛感したのは、「患者さんは装具なんて履きたくて履いているんじゃない」ということでした。

3