鬱先生総受け小説。 【wrwrd!】パレットの上【腐】

色々と詰。

」 傍目にもかなりきつく打ったのが分かる打ち方だった。

鬱先生 総受け 小説

「もう嫌あー!」 「数!」 「ふえ~ん・・・!ろっ、6-!」 その後も何回かやり直しになった分を含めて合計38回も打たれた私のお尻は、他の3人と同じようにミミズ腫れだらけで真っ赤に腫れ上がっていた。

6

【合作】いろんな妄想詰め込みました。【BL】

人間存在の極北に迫った、衝撃の事件ノンフィクション。 ごめんなさい・・・。

3

鬱?大先生?誰やねん!!

」 シャ「えっと、気分悪いからさ…戻ってるね…」 うわー、ゾム達に嘘言って食堂出るとか…しかも、何で嫉妬しとんねん、俺、はぁ… ドサツ 俺は部屋に入るなり、ベットにダイブした… シャ「なんで、大先生でこんなにも、イライラせんとアカンねん、ホンマ最悪やわ…」 俺の部屋にはその言葉が反響していた…分かっていた…グルッペンと大先生が付き合ってるって…知っていた…あいつ等は全員にそう告げていたから、だから、大先生に告白なんて出来なかった… シャ「なんで、俺じゃないねん…大先生、俺やったら、グルッペンよりも、お前の事愛してやれんのに…」 俺は少し泣きそうに震えていた…俺が先に告白していれば…グルッペンに取られる事もなかったんかな…そう思うと、目に涙が溜まって、苦しかった… シャ「って、なんで、泣いてんねん俺、ただ片思いなだけなんやから、別に泣かんくてもええやろ」 でも、好きになってしまった人を簡単に見放す事など出来なかった…グルッペンよりも、誰よりもあいつを大好きで、愛してて…だから、簡単には諦められなかった…だから、早くグルッペンと分かれてくれるなら、俺が速攻で告白すれば、ようやく、大好きな大先生と繋がれる、もう、片思いじゃなくなる、そうすれば苦しくもなくなるんや、でも、好きなったのは、男でしかも仲間だ大先生は俺よりもグルッペンを選ぶのは当然なのかもしれない シャ「あああ! 「ほらほら、あんまり泣いて暴れるとまたペナルティーをもらう事になるかもしれないわよ」そう言ってがっちりと雄介を抱え直した先生は、狙いを外す事無く雄介のお尻に笞の後を刻んでいく。 私の好きな我々だと、暗殺教室を、コラボさせてみました~!! それではあてんしょんぷりぃ~ず!! ~あてんしょん~ ・腐向け べーこんれたす かも ・クロスオーバーです 苦手な方は回われ右をしてお帰りくださーい ・好評を押してくれたら壁に頭ぶつけて喜びます。 共に歩むと誓おうではないか」 rbr「なあ. しかし、そんな私に先生の容赦ない声が飛ぶ。

6

我々だの皆さんは、今日から暗殺教室に転校するそうです。[我々だ!][暗殺教室]

それにしても、こんな苦しい事件と向き合いきった作者のプロ根性には脱帽である。 あまりにも悲しすぎる事件と、悲しすぎる親たちの人生に、胸をかきむしりたくなった。

鬱?大先生?誰やねん!!

」 結局合計で48回も強烈な笞を受けた璃桜のお尻は、ミミズ腫れでデコボコになった上に秀人や雄介よりも濃い赤色に染まり、最早紫に近い部分もあった。 「…あ、そういえば、前ツ〇ッターで僕のツ〇ートにさ、リプくれたでしょ?ありがとうね!」 「あー。 映画化もされた『 』の作者である大崎善生氏の作品である。

20

main 携帯ホームページ フォレスト

「rawra」 レイカさん• 読んでて一番キツかったのはこの作品である。

8