岐阜 新聞 30 年 前。 岐阜新聞30年前の見出し、新型コロナウイルスを予言か?今から30年前の1990年5月2日付の岐...

[B! トンデモ] 30年前にコロナ予言?見出し「2020年、人類の半数が伝染病に」SNSで話題(岐阜新聞Web)

)現在の日刊スポーツ名古屋版は、朝日新聞系の名古屋工場()で印刷されている。

19

「岐阜新聞」は30年前の記事でズバリ!? コロナ「予言の書」が続々登場の怪|ニフティニュース

( 2021年2月)• ツイート主は、未確認飛行物体(UFO)番組のディレクターとして知られる矢追純一氏の1993年の著作「カラスの死骸はなぜ見あたらないのか」に転載されていた岐阜新聞の記事を掲載。 から名古屋版の発行・印刷を委託されている。

13

「岐阜新聞」は30年前の記事でズバリ!? コロナ「予言の書」が続々登場の怪

そのほか、3月初めに梅まつりモデル撮影会、3月下旬に、4月初めにゴルフ岐阜オープンクラシック、10月下旬になど、数多くの催しに力を入れている。 。 また、名古屋放送が日本テレビ系メインだったことから、関東のチャンネル順に合わせたという説を唱える者もいる。

2

「同性婚否定」違憲判決、30年前の原点 「無知と偏見」の宿泊拒否

中日新聞とは犬猿の仲で知られ、中日新聞の岐阜版ではテレビの扱いは地元の県域局ながらハーフサイズ、ラジオの番組でも岐阜版はハーフ、愛知版に至っては2010年9月30日までは極小サイズに追いやられていた [ ]。 世界保健機関(WHO)がまとめた地球温暖化の影響予測報告書に関する、一般社団法人共同通信社の配信記事で、「コロナ」や「ウイルス」の記載はないものの、感染症の古い名称である「伝染病」の大流行や「2020年」など新型コロナの感染拡大にも通じる言葉が出てくるため「予測」と思う人もいたようだ。

18

岐阜新聞

よりの『激動篇』が連載を開始されている。 事業所 [ ] 本社 [ ] 〒500-8577 今小町10 支社 [ ] 、、、() 総局 [ ] ()、()、(飛騨地域版の題名は「飛騨國新聞」)、 支局 [ ] 、、()、()、、、、、、、 全国紙との関係 [ ]• 記事は1990年5月2日付の岐阜新聞の朝刊3面に掲載。 で、要約すると『2019年の冬から武漢で疫病が発生し、天地がひっくり返るような災害となり、大勢が死ぬ』と、いうわけだ。

16

コロナ大流行を30年前に“予言”? 「2020年、人類の半数が伝染病に」

記事は1990年5月2日の朝刊で、世界保健機関(WHO)が地球温暖化の健康被害を予測し、報告書としてまとめたものだが、その内容がまるで、新型コロナウイルスのパンデミックを予測していたかのようなことから、SNS上では、《怖いくらい当たってる!》《人類の半数が……って、見出しがショッキング過ぎる!》といった書き込みが相次ぐ騒動になった。 ( 2021年2月) 株式会社岐阜放送は岐阜新聞社と同一敷地内にあったが、に前の高層ビル「」の4階に移転した。 東海・甲信越• 他にはインドでもキャリア25年のベテラン占星術師が、2019年6月、ツイッターに「欧米諸国で伝染病が流行する。