週刊 ポスト 記事。 週刊ポストの反韓国記事

『週刊ポスト』の下劣ヘイト記事「韓国人という病理」に作家たちが怒りの抗議! ヘイト企画は「小学館幹部取締役の方針」の内部情報|LITERA/リテラ

俗情に阿らないと財政的に立ち行かないという出版社なんかとは縁が切れても。 何十年も前に国と国との協定によって戦争被害に対する補償は完全に解決しているにもかかわらず、 金に汚い民族だから、欲望をむき出しにしていつまででも補償しろ補償しろとたかってくる。 しかもこの記事は、中央日報2015年4月5日付の日本語版記事にある〈大韓精神健康医学会がこのほど実施した調査の結果、韓国の成人の半分以上が憤怒調節に困難を感じており、10人に1人は治療が必要なほどの高危険群である〉という部分を引用した上で、〈日本人には理解しにくいレベルの怒りの発露は、「反日活動」でも見られる〉〈なぜ、彼らはここまで怒り続けるのか〉と無理やりにつなげたヨタ記事。

4

週刊ポスト 12/11号

子供だっているんだよ。 そもそも「週刊ポスト」は、同じ小学館が発行し、歴史修正主義を商売にしてきた「SAPIO」と同様、古くから嫌韓記事を連発してきた週刊誌だが、ここ最近も嫌韓ムードに乗じてヘイト記事を乱発。

17

超強気の『週刊ポスト』VS弱気の『週刊現代』報道から読む日本株のシグナル « ハーバー・ビジネス・オンライン

」の一文を付記してしまい、それに基づく誤解が、特にインターネット上で拡散してしまったことに起因いたします。

17

週刊ポストの最新号【2021年7/23号 (発売日2021年07月05日)】

俗情に阿らないと財政的に立ち行かないという出版社なんかとは縁が切れても。 だから公人は悩んで、葛藤して、苦渋の暫定的決断を下すしかない。

9

週刊ポストの「嫌韓ヘイト」はどこが問題なのか 「国民感情」を煽っているのはだれか

最近の日韓関係の悪化の理由は100%韓国側に責任がある。

『週刊ポスト』に批判が噴き出した日本社会の空気

確かに、傾向の顕著なメディアに寄稿したり、インタビューに応じたりすると、そのメディアと一体化したかのように決めつけられる、ということは、実際にある。 実は、同誌は7月から嫌韓特集とでもいうべきキャンペーンを続けていた。 ほかの執筆陣の皆様には了解を得ています。

14