岡山 交通 事故 今日 速報。 運行情報 岡山

交通事故の死亡率ワースト1位の岡山市 危険なご当地ルールが存在

「走行車線の信号が赤になり交差する信号が青に変わるタイムラグ(約3秒)以内ならセーフ」という交通事故を誘発しかねないルールです。

2

交通事故の死亡率ワースト1位の岡山市 危険なご当地ルールが存在

14人」に対し、政令指定都市の死者数でワースト1位になった岡山市では「0. ただほかの県と比べて圧倒的にクルマ好きな人も多く交通量も多い。

18

運行情報 岡山

また、この調査結果では、東京や大阪、名古屋、福岡といった交通量が多い大都市圏で事故が集中して起きている様子はなく、ある特定の地域での死亡事故などが多いことが分かりました。

20

運行情報 岡山

道路交通法とはまったく違う、地元ならではの走り方や暗黙の了解が横行しており、これが重大事故を引き起こしている原因のひとつだと考えられます。 さらには、「歩行者はクルマが途切れるまで待て」「狭くてもスペースあれば割り込み可能」「ウインカーは曲がると同時」「前に人がいればクラクションで空けさせる」といった、ワイルドの極みのようなローカルルールです。 東京都区部や横浜市、大阪市、名古屋市における、人口1万人に対しての死亡者数は「0. 運転中に携帯電話の画面を見ながらのため、信号が変わっても平気で交差点に突っ込んでくるクルマが多いともいわれています。

16

交通事故の死亡率ワースト1位の岡山市 危険なご当地ルールが存在

発表された統計のなかで注目なのは、「東京都区部・政令指定都市別死者数」です。

運行情報 岡山

この結果を踏まえると、交通死亡事故の比率が高い地域や運転マナーが悪いと認識している地域の多くには、その地域ならではのローカルルールが存在しているのです。 栃木ルールとは「信号が変わる直前に突然右折」や「ウインカーなしで車線変更」という行為で、右折レーンでは誰も事前にウインカーを作動させないのだそうです。 24人と、ワースト3は意外な結果でした。

3

交通事故の死亡率ワースト1位の岡山市 危険なご当地ルールが存在

これは、渋滞などで詰まっていると、後続車が突然脇から追い抜いて先頭に割り込んだり、信号無視をする行為です。 地元の人でないとわからないルールも多く存在するため、旅行などで出掛けた際は十分注意しましょう。 平常運転 事故・遅延情報はありません 平常運転 事故・遅延情報はありません 平常運転 事故・遅延情報はありません. ほかにもある! 全国の危険なローカルルール 「岡山ルール」や「名古屋走り」以外にも、全国には危険なローカルルールが存在しています。

運行情報 岡山

全国のを調査・分析している専門機関「交通事故総合分析センター」が2020年7月、令和元年(2019年)の全国市区町村別での交通死亡事故件数が発表されました。 ] 列車遅延 15:13頃、JR神戸線内で発生した信号関係故障の影響などで、鳥取~智頭駅間の一部列車に遅れが出ています。