ドロップ ダウン リスト。 ドロップダウンリストとINDIRECT関数を組み合わせた活用

入力規則で複数のドロップダウンリストを連動させる

[データの入力規則]ダイアログでリストを設定する方法 Excelのシート上でプルダウンリストを設定したいセルを選択し、[データ]タブの[データツール]にある[データの入力規則]をクリックする。 2参照するセル範囲を変更する ドロップダウンリストが設定されているセル範囲を選択して、[データ]タブにある[データの入力規則]ボタンをクリックします。 今回の目的である、担当者を動的にするために、 プルダウンの設定も動的にしましょう。

12

Excelのプルダウン(ドロップダウン)リストを作成して選択入力を可能にする:Tech TIPS

プルダウンリストから1つを選択するように設定しておけば、入力が簡単になるし、半角と全角の文字が混じってしまうような入力ミスも防げる。 [設定]タブを選択して、入力値の種類で「リスト」を選択します。

ドロップダウンリストとINDIRECT関数を組み合わせた活用

例では、経理部門のみの社員リストを作成しています。

ドロップダウン リストを作成する

リストの状態が把握しやすく、範囲選択のみで作成できる点から、プルダウンメニュー(ドロップダウンリスト)作成の最初に試してみるのにも向いています。 「数式」タブの「名前の管理」を開くと、リストの名前が定義されていることがわかります。

入力規則で複数のドロップダウンリストを連動させる

代表作に「これからはじめるエクセル超入門の本」の他、「たくさがわ先生が教える」シリーズ(技術評論社)、「大きな字だからスグ分かる」シリーズ(マイナビ)がある。 引数Targetは、ドロップダウンリストを表示させる以外にもいろんな使い方ができるとても便利なVBAです。

ドロップダウンリストで表示可能な最大項目数を設定する

入力の種類で「リスト」を選択します。 そこで、いろいろ調べてたどり着いたのが、今回の 「INDIRECT関数」です。