森川 すい めい。 オープンダイアローグのトレーニングによって、私がどう変わったか?(森川 すいめい)

医療法人社団 翠会 みどりの杜クリニック

夏休みは1か月間とれるとのこと。 スタッフが「誰もが、自分の人生の中で、こころに傷を持っています」と話してくれた。

16

こころが楽になる支援とは――オープンダイアローグに学ぶ(1)

代表中村あずさ・事務局長森川すいめい。 しかし、支援を受けて4年前に初めてアパート生活を始めます。

1

感じるオープンダイアローグ(森川すいめい)所感

ルールが決められて、門限もあるし、この時間にいなければごはんはありませんとか。 次に、 「Rely on process(プロセスに依拠しないさい)」というトレーナーの言葉が印象に残った。

生きやすい社会に学ぶアイデア 森川すいめい

TENOHASIが目指す社会 困っている人がいれば、誰かが手を差しのべる。

12

医療法人社団 翠会 みどりの杜クリニック

引き続き多くの人がこの現場を知ってくださることを願っています。

精神科医 森川すいめいインタビュー

自分の知らなかったことや気づかなかったことを教えてもらうことも多く、一気に世界が広がるような感じがしました。 独りではできないことがたくさんあるからです。 内なる自分と対話するオープンダイアログをこれからも大事にしていきます。

16

対話でつながりを!精神科医森川すいめい氏の軌跡

イジメにも通じますが、同調圧力がありません。 たとえば、フランスでは人口の8割が何らかの形で非営利組織に関わっています(筆者注:フランスでは日本のNPOに相当する組織をアソシエーションといい、という)。 そこに触れられたら、感情は大きく揺さぶられる。

13